<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

これなんやねん。ラベンダーやねん。

e0197881_11223013.jpg


……。
これ、なんじゃいな?

フッ…( ̄(工) ̄)
よく聞いてくださいました…。

我が家のラベンダーさんですねん。
ハンギングバスケットに使って、
枯れかかってた小さい苗を
ダメもとで寄せ植えの空いてるスペースに
植えてみたけどなんか駄目で、

「これで、生き返ったら奇跡やな。
……。
しかし、これくらいで死ぬくらいやったら最初から生えてこーへんやろ?な?
そうや、ラベンダーよ、諦めたら最後やで!
根性出したり!
ばっちこーい、ラベンダーよ!
ぅおーーっ!」

(庭でブツブツ言ったと思ったら吠えたりして、ほんま、ご近所付き合い、円滑なんか?)

…と、
暮れにヤケクソで小さく刈り込んだ、
そう、
あなたはラベンダーさんです。

えーーーーっ!
うっそぉーーーっ!
マジで????
えーーっ?

……。
ハイハイ。
もうそのへんで。
…充分反省してまんがな(。-_-。)

さて。

ラベンダーは、どうしたら健全に育つんやろか?
と、よそのお庭でラベンダーのお手入れしてたらふと頭をよぎり、
(おっそー!
よぎるの、おっそー!)
……。
イエース!☝
ちゃんと勉強しましたよ。

ラベンダーは、花穂を取ったら刈り込む。

あ?
そんなん知ってるわっ!
と、鼻で笑った人。
まぁ、聞いて下さい。

刈り込む時期は、
ドライフラワーにするなら開花したあとすぐ。
庭で花を楽しむなら先終わったあと。

そして、
刈り込む位置は、
半球状に刈り込んで緑があるギリギリのところ。
刈り込んだあと、ドーム状になってるラベンダーに緑色があったら良し!

変に、かわいそうとか思わんと
バッサリ、ざっくり、刈り込む。

と、まぁこんなんでいいらしい。

むーっちゃ、簡単やん!

ラベンダーの新芽は葉の付け根から出る。
枯れた葉っぱが生えてたところからも出る。

かつて枯れた葉が生えてた付け根からも新芽が出てくることと、
光合成のために緑の葉っぱを残しとかなあかんこと。

この二つを考えると、
どうにか緑が残ったような、この刈り込み方は荒いようやけど正解なのだ。うん。

綺麗なところだけ残す、
とかはやめといた方がいいみたい。
残した枝は伸びて木質化したり暴れたりして、
結局、下部は枯れこんで汚くなるし
弱って来る。

ラベンダーは、強剪定!

…。
ということは、
上の写真も満更でもないんかな?d( ̄  ̄)
はっはっはっは!
……。
(いくらなんでも、これはどうなん?
しかも、どこがドーム状?
緑の葉っぱも全く残さへんかったんやしな)

うんにゃ。
根性や!
ど根性で、
ばっちこーいっ!
(しかし、ラベンダーも根性出せ、言われてもむっちゃとまどうやろ)
……。

あ、いやん(//∇//)
ちいちゃい芽が出てるやん♡
ちいちゃい芽ぇが!

ウラウラタムタム、ウラウラタムタム、ウラ!
ジャングル黒べえがおったら、
今頃、うちの庭、ラベンダー畑や!
……。
(…ジャングル黒べえ、おらんしな(~_~;)
[PR]

by forest-pansy | 2012-02-25 16:50 | 庭仕事  

T様のお庭作りのお手伝い

(本題に入る前にお断り…)

なんだか、違うブログみたいですよね^_^;……やっぱり。

横ブログが見にくい、という指摘もあり

しかも一部スマホで見たとき、
ちょっと困った広告がちらちらする問題も起きて

今回、なんとなくスキン(ブログの背景のこと)を変えてみました。

ワン公ネタは全くないので、すごく変なかんじが自分でもする…

でも、多分、近いうちにこのヘッダーがカスタマイズされて
お花の写真にかわると思います…
あ、いや。
変わるといいな…



(ここから、本題です)

先日「草のよしだや」の吉田さんのお仕事を勉強がてらお手伝いに行ってまいりました!

施主様は、ハワイご出身のアメリカ人のT様です。
日本にはもうすっかり馴染んでいらっしゃって、日本語もペラペラ。
日本食も私なんかより(まぁ、比べるべくもないけども…)
ずっと上手に作られるお料理上手な奥様で、
インテリアのセンスも抜群!
しかも、スラッとした美人でものすごくあったかい人なんです(^ ^)

押しかけで突然現れた私のようなものにも、本当に優しく接して下さいました(涙)

そんな、T様のお庭は広いウッドデッキがあり、
前のお住まいから持って来られた枕木や低木などを使用して
アジアンティックな素敵なお庭を作るのが
今回の吉田さんのお仕事です。
私は、そのアシスタント(と言えるだろうか…(~_~;)の形でお手伝いをしながら、
作庭の現場でのあれこれを教えて頂きました。


e0197881_12593049.jpg

黒竹と布袋竹を植え込んだ大きなコンテナが通りからの視線を柔らかく遮ります。

e0197881_1372489.jpg

広いウッドデッキには、
センスの良い小物やグリーンがこれまたセンス良く配置され、
まるで外国のインテリア雑誌にあるシーンそのもの。


前のお家から持って来られた枕木を
T様が設置位置や角度を時間をかけて考えて決め、
それらをひとつひとつ丁寧に吉田さんが埋設していきます。

e0197881_13305045.jpg

枕木に取り付けているのは、ヨーロッパかどこかのアンティークで、
葡萄の収穫に使う葡萄入れ
ブリキ製で、腰に巻いて使うのかな?革のベルトがついています。
むっちゃ、いい!

e0197881_13122574.jpg

上に置かれた仏陀がこの庭のフォーカルポイントです。
わぉ!むっちゃ、アジアン!
なんか格好いいなぁ…
日本人にはあまりない発想だよね。
……。
…あ~、誰ですか?
なんまいだぶ、なんまいだぶ…言うてんのは!


お昼には、こんな素敵なランチをご馳走になり、本当に幸せな気分…。
e0197881_1461794.jpg


吉田さんには、多くのことを教えて頂きました。
植え替え時の水やりの仕方から、植物の名前、道具の扱い方、それから、現場でのマナーなど…。
あまりにも知らないことが多くて、
赤面することばかりでしたが、
とでも実りのある一日でした。

これからも、もっともっと勉強しなくちゃ!
吉田さん、ありがとうございました

e0197881_1328956.jpg

[PR]

by forest-pansy | 2012-02-24 19:58 | お仕事  

クリスマスローズの世界展 4

「クリスマスローズの世界展」、最後に紹介するのは、
フラワーアレンジメント、
ブリザーブドフラワー、
それから、展示のクリスマスローズやディスプレイの中で気になったものを…。

先ず、生花部門(フラワーアレンジメント)です。
大型の作品で、思わず沢山シャッターを押してしまうほど可愛い作品でした!
e0197881_2153712.jpg


e0197881_2153960.jpg



そして、色使いの素敵なブリザーブドフラワー。綺麗!
e0197881_21531158.jpg


次は、会場内で目にとまったものをいくつか。
e0197881_21531284.jpg

会場内のディスプレイでしょうか…。
コーナーに置かれていたコンテナです。
(寄せ植え屋を目指す私としては、どうしても、寄せ植えに目がいってしまうのよねσ(^_^;)


展示後、オークションにかけられるクリスマスローズの数々…
所々、寄せ植えもあったりします。
e0197881_21531396.jpg


e0197881_21531771.jpg

下のダブル、好きでした(*^_^*)

クリスマスローズと一緒に展示されていた雪割草…
その中から、これはキンポウゲ科ヒメセツブンソウ。
e0197881_21531956.jpg

可愛いお花ですね~


以上、「クリスマスローズの世界展」のレポートでした!


作品が美しいのに、写真が悪すぎる!
でも、写真もPCもブログも園芸も子育ても夫婦げんかも頑張るのだ!
そんな私にどうかエールをおねがいします↓

寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ
ありがとうございます!
[PR]

by forest-pansy | 2012-02-22 05:47 | お出かけ  

クリスマスローズの世界展 3

「クリスマスローズの世界展」から、
第三弾は、私が一番見たかったコンテナガーデン(寄せ植え)です。

「クリスマスローズの世界展」が開催されている池袋サンシャインシティの数カ所に分散して、
コンテナガーデンマスターの方々の30基の作品が展示されています。

それらが展示されているのは、
水族館の入口であったり、
59階のレストランであったり、
各階の吹き抜け広場であったりなので、
子ども連れで時間に制約がある私はほとんど見ることが出来ませんでした(泣)

でも、素敵なコンテナを発見!
早速、売約済みの札が!
武藤ゆかりさんの作品です。
e0197881_0161389.jpg

私はいつもこだわりを持って植物選びをする彼女の作品が大好きです。いいなぁ…

そして、こちらは石田しげ子さんの作品。
e0197881_0274084.jpg

クリスマスローズフェチダスを使った作品です。素敵ですね。

次は、会場内の作品です。
e0197881_20464353.jpg

原嶋早苗氏
「ウィンタージュエリー」

e0197881_20464437.jpg

松田一良氏
「遠くバルカンの春を望む」

e0197881_2046475.jpg

石井貴子氏
「ウィンターガーデンを彩るクリスマスローズ」

e0197881_20464943.jpg

上田理恵氏
「日本の原風景に溶け込む、クリスマスローズの素朴な力強さと美しさを」


以上が展示されていたコンテナガーデンの一部です。
いずれも、個性のある素晴らしい作品ばかり。
植栽のバランスや、コンテナ(鉢)を活かした植栽の仕方がとても参考になります。



ランキングに参加しています!
ポチっとして頂けると嬉しいです。
励みになります!

寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ
[PR]

by forest-pansy | 2012-02-22 05:03 | お出かけ  

クリスマスローズの世界展 続き

さて、前回に引き続き「クリスマスローズの世界展」から、
今日は展示されていたハンギングバスケットから一部をご紹介します。

先ずは、ラウンド(吊り下げタイプ)から。
e0197881_2022281.jpg


e0197881_2022699.jpg


そして壁掛けタイプ。
e0197881_2022881.jpg


e0197881_2023095.jpg


私自身は、ハンギングバスケットにクリスマスローズを使ったことがないのですが、
展示のハンギングバスケットはとても上手にクリスマスローズを使っていて、
すごく参考になりました。

クリスマスローズをハンギングバスケットに使う時は、ステムの長さや大きな葉っぱをどうするか、がポイントになるように思います。
ステムが長いものは、サイドに使う場合、
花首が持ち上がることはないので、
そのへんが難しいところですね。
展示の作品は、トップに使っているものが多かったです。
下向きのお花を綺麗に見せる植え込み位置としては、やはり上段かトップがいいのかな(^ ^)



ランキング参加しています。
ポチっとよろしくです!

寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ
[PR]

by forest-pansy | 2012-02-21 19:20 | お出かけ  

クリスマスローズの世界展

e0197881_8333228.jpg

「クリスマスローズの世界展」に、最終日の昨日、行って来ました!

田舎モンの私がいつも驚くのは、東京の人の多さ!

「クリスマスローズの世界展」が開催されてる池袋サンシャインシティ。
その大きなビルの中も大概、混雑してたけど、
いやはや、池袋ちゅうところは街中、人、人、人、人…。
あんなに沢山の人、
いったい何しに来はったんやろ?
自分のペースで歩くことが出来へんくらいやねん。
やっぱり、東京ちゅうところは、365日エブリデイえべっさん、やな。
(えべっさんが分からね人はまんず、ネットでしらべてけろ?)
(あんた、いったい何処の人やねん…)

ほんでまた!
ビックリしたんは、宝くじ売り場の異常に多い街やった。
酷いところでは、5メートル先にまた宝くじ売り場、ちゅう具合で。

いやー、なんとも。
東京は不思議な街ですわ。
お陰で目的地に着くまでで既に残りのエネルギー60パーやったわ(。-_-。)

いや、そんなことを言いたかったんとちゃいますねん。
クリスマスローズ、やがな!
クリスマスローズ!

クリスマスローズは本当に色んな種類がある、というか、人間のように個体それぞれに個性があり、それがクリロー好きを虜にする所以ですね。
ほんの一部ですが、紹介していきますね。

e0197881_8333511.jpg

これは、新作の中の奨励賞です。
野田卯一郎氏作「ダブルクリーム小輪多花」

e0197881_8333670.jpg

実に沢山のクリスマスローズが展示してあって、収集家の皆さんは一つ一つ食い入るように見入っていました。

これは、クリスマスローズの押し花。
なんて、きれい!
e0197881_8333770.jpg


入り口のディスプレイには、水に浮かべたクリスマスローズ…
e0197881_8333810.jpg


クリスマスローズの苔玉
e0197881_8333962.jpg


まだまだ、沢山あります。
クリスマスローズの様々な楽しみ方がよく分かる展示です…(^_^)

次回は、お待ちかねクリスマスローズのハンギングバスケットを紹介しますね!



ランキング参加しています!
 よろしくお願いしますm(__)m

寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ
[PR]

by forest-pansy | 2012-02-20 00:47 | お出かけ  

過去のガーデニングショーから 続き

さて。
過去のガーデニングショーから、ええもん見つけるシリーズ(え?そんなんやったっけ?)も、
多肉の使用例、
隙間の植栽、
と続いたので、次は…
ジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャーン!
(なんやねん、それ?)
(分からんかな~、ドラムの音やんか)
(……。)

そーです!
ズバリ、「ええ感じの植栽例」!

(よう分からんわ~。ええ感じ、って何やの?)
ハイ、ハイ。そのままズバリ、ええな~と思たやつのことです。
……。
質問も無いようやし、ほな、いきましょか。
(むっちゃ、強引な展開やな…)


最初のは、圧巻のモミジの植栽。

e0197881_893314.jpg

色んな種類の美しいモミジを群植してます。
あまりの美しさに足が動かんようになったね。うん。
でも、これは自分ちでマネするにはちと難しいかな…。

では、次々いきますね…

e0197881_893530.jpg


e0197881_893753.jpg


上の写真は、ライムグリーンのタイツリソウの葉っぱが白い花々と引きたてあってます。
下のは、色の配分が好き。
アングルの関係でクリームイエローの花色が多く感じられるけど、
奥の壁際に青紫の花穂が綺麗なベロニカがあったり、
青と黄色の配分がとてもオシャレでした。

そして何と言っても、吉谷桂子さんのガーデンの色使いですよね。
植栽の一部を切り取るように、寄って写真を撮っています。
色使いは独特でその配分や花や葉の形、大きさなどヒントになるものがたくさん。

e0197881_89406.jpg


e0197881_894535.jpg


e0197881_894714.jpg


最後は、確かこの年のコンテストガーデンで大賞を取られていたと思います。
とても印象深かった、素晴らしい藤の鉢植えが忘れられへん…( ´▽`)

e0197881_894964.jpg


やはり、丹精こめて作られたひと鉢は、圧巻ということやね…。

えー。
今日はここまでにして、また機会あれば今までのガーデニングショーから抜粋して、ゆっこはん目線でアプローチしてみたいと思いますっ!
……。

…なぬ?あんたの目線は要らん、とな?

……(泣)

(泣きなさんな!)


ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ
[PR]

by forest-pansy | 2012-02-17 21:53 | ガーデニングショー  

過去のガーデニングショーから

前回は2010年の国際バラとガーデニングショーから多肉の使用例を見てみましたが、今日は、コンテストガーデンやテーマガーデンに見つけた素敵な植栽例を紹介したいと思いますっ‼
パチ、パチ、パチ、パチ…(^∇^)
ま、すんごく主観入ってるんですけどね…(`_´)ゞ

とは言っても、あそこにあるガーデンは隅から隅まで素敵なもんばっかりやし、私の視点で攻めていきましょー。

えー。
では、テーマを絞りまして「隙間の植栽」といきましょー。
狭いスペースを利用して、見せるシーンをどんな風に作っていっているか、
「ふぅーん、そうやったんか!」
「あっ!それ、マネしちゃお!」
がいっぱいあります。

あー。もっと写真が良ければいいんやけど…(汗)
ごめんなさい、イライラさせて…σ(^_^;)

e0197881_16512762.jpg

これは、隙間にタイムを数種と黄色いセダム、それから赤紫色のセンベルビウムを使って綺麗な色配分になっています。
これ、上段の植栽の葉っぱが大きいので足下に植えたタイムやセダムの小さい葉っぱとコントラストが効いて一層素敵に見える。
もし、上段の植栽がチラチラした細かい葉っぱなら、魅力も半減だと思うな~
流石のセンスであります、うん。

次は、ガレージに敷いた枕木の隙間です。
使用しているのは、リシマキアミッドナイトムーン、リシマキアヌンムラリア、アイビー数種と斑入りのコプロスマです。
e0197881_16513471.jpg

むっちゃ綺麗!でも、車で踏み潰したらちょっとアウトかも?
コプロスマは低木で背が伸びて来るしね…
でも、これがガレージではないところの隙間なら使えそうです!

e0197881_16514129.jpg

e0197881_16514381.jpg

これは、デッキの足下。ニゲラがいいね!
それに、シックな配色やん!
ええわ~♡
黒竜も色配分でドーン!と気前よく植えるのがミソやね!

最後はこれ。
e0197881_16514685.jpg

石の隙間にたくさんの草花を植え込んでいます。
実際に隙間の植栽を経験したことがありますが、案外良く育ったりします。
コツはやはり水はけと日当たりかな?

「隙間の植栽」、奥が深いわ~
だけど、これ、綺麗に植え込んでいると俄然、お庭がグレードアップして見えること間違いなしやね!

お帰り前によろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by forest-pansy | 2012-02-17 15:27 | ガーデニングショー  

過去のガーデニングショーで見つけた!

過去のガーデニングショーで撮り貯めた写真を整理していると、素敵な作品を沢山見つけました。

どれもこれも工夫とアイデアに溢れていて、これからの作品作りに参考になるものばかり。
残念ながら、作者のお名前や作品のタイトルはきちんと控えていなかったりしてご紹介出来ないのですが、
こうした素晴らしい作品の写真が、
小さい頃、大事に大事に少しずつ集めた千代紙みたいに私の宝物になっています。
一人で楽しむのももったいないので、どうぞどうぞ、ゆーっくり、ご覧ください(^ー^)ノ
今日は、2010年の国際バラとガーデニングショーの写真から、多肉を抜粋してみました。
うっしっし( ̄▽ ̄)

これはガーデンの石造りの壁面を利用して多肉を植え込んだものです。
写真は相変わらずピンボケだけど、これは目をひきました。
e0197881_14465222.jpg


e0197881_14465342.jpg


廃品のバイクに多肉!かっこええわ~!
真似してみたくなるよね…
要らなくなった廃品に多肉を植え込むのは楽しいし、面白い!
e0197881_14465456.jpg


缶をアンティーク加工するのではなく、ホントにサビさせて多肉を植え込んでいます。
よりジャンクテイストでいいかんじ!
e0197881_14465588.jpg


明日は、「これは使える!お庭の植栽シリーズ」を紹介するべ。
んだ、んだ。


ランキングに参加しています。
クリックしてくれるとうれしいです!

人気ブログランキングへ
[PR]

by forest-pansy | 2012-02-15 09:25 | 多肉植物  

やっぱり赤い多肉でしょう

e0197881_3474645.jpg

節分を過ぎて、少しは寒さが和らいだような気がしたのも束の間。
今日は冷たい雨でした( ̄д ̄;)
これじゃ、春の寄せ植えを作りたくても、なかなかそんな気になれないというワケです。
今、作っても買ってくださるお客さんもいないかも…
そこで!
おうちの中で楽しめる多肉ちゃんの登場やん。
それも、赤!
赤です!
今は多肉が紅葉してキレイな季節。
今、コレを使わんで何とする!
……。
とは言っても、相変わらず庭にある残りモノで作るから大したものはできへん…。
そんな作品をブログにアップするのも気がひけるんやけど、
全国の残りモノ愛好会の後押しを受けて
(どこにあんねん?)
どど~ん、とアップしちゃいました。
おうちの中でも楽しめるように、底穴の無い器材を使っています。
底には、根ぐされ防止剤のミリオンを薄く敷いて、用土は赤玉小粒を使用。


使った多肉は、

朱蓮
星の王子
火祭り
十二の巻
虹の玉
他にセダム2種

そして、
サンゴミズキの枝 でした(^_−)−☆

もっともっと真っ赤っ赤な寄せ植えにしても楽しいかも。
なんだか、また作りたくなって来たわ~


いつも見に来て下さりありがとうございます。
二つのランキングに参加しています。
お帰り前にポチっとよろしくです(^^)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by forest-pansy | 2012-02-14 12:50 | 多肉植物