2011年 09月 26日 ( 1 )

 

秋の寄せ植え

e0197881_123317.jpg


まだ台風の話題なん?…とガッカリせんといてください。

あ!そこの人っ!
最後まで読んだってぇな、せっかく来はったんやから…
よしよし。
そうそう。
そのまま、ね。

……。
えー。話を戻します。

台風が吹き荒れたあと、街はすっかり綺麗に片付けられて、台風が来たことももう既に過去のことになろうとしている今日この頃。
ここ、横浜では、家々の庭木や街路樹の葉っぱが茶色く変色してチリチリになってたり、なかには、枯れてしまってる木だってあることに皆さん、お気づきでしょうか…?

あれから、ママ友と立ち話なんかしていると、

「うち、マンションの7階なんだけど、あの台風のあと、窓が真っ白になってるから何だろう、と思ったら、塩なのよ!もう、ビックリ!」

なんて言ってる。

彼女のマンションは、海から直線距離で1kmは離れてるんだけど、あの暴風雨はずいぶんと海水を巻き上げて吹き荒れてたみたい。

で、気付いたんよ。

あ、そうやんか!
だから、植木が枯れてんねん!
塩害やったんやわ!
そーかっ!

……納得。

だって、風と雨で、枝が折れたり、葉っぱが吹き飛ばされたるするんは分かるけど、茶色くなって枯れて行くんはなんか解せなかったんよ。
うん。

……。
では、どうしたらいいのかって?

それはズバリ、塩っ気は取り除くに越したことないので、枝葉は水を掛けてできるだけ洗い流します。
土に染み込んだ塩はどうしようもないから、仕方ないから普段より多めに水撒きするくらいかな。

あとは、チリチリの葉っぱですが、これはもう光合成も出来ないし、見た目にも汚いので、取れるところはむしり取ってしまったほうがいいです。
変色してしまった葉っぱが元に戻ることはないしね。

ただし、先っぽだけが茶色くなったような葉っぱは、まだ光合成ができるので、次の新しい葉っぱが展開するまでの間、残しておきます。

いやいや、他に綺麗な葉っぱがあるんなら、取ってしまっても平気やで?

要は、株が元気を取り戻すのに光合成のエネルギーが必要やねんな。うん。
裸ん坊になると、元気になられへんかもね。


よーっしゃー!

(ど、どないしてん?)

この際。

庭もコンテナも秋色に植え替えましょう!
ワッハッハッハ!


そこで、こんな寄せ植えを作ってみたのじゃ!

そのへんにあるもんで、秋っぽく、ね?

秋っぽく寄せ植えを作るのは、そんなに難しくないです。70パーの割で。
(えらい中途半端やし。)

なんしか、秋のもん入れたらええねん。
(当たり前やろ!)

ペチュニアやらランタナやらアメリカンブルーみたいな夏からある草花ばっかりやとどうも雰囲気でないけど、そこにカレックスのような枯れ色のグラス類やケイトウの類、セロシアみたいなのを入れてみたり。



写真の寄せ植えは、台風を生き抜いた数珠サンゴが一本だけ後ろにあるのが気になるけど、頑張ったご褒美にそのまま残してみました(^ ^)


初雪カズラ
カレックス
ペチュニア
キャツラジュピター
セロシア
ペンタス
計8株使いました。

所要時間20分。

あんまり急いで作ったから、ペチュニアがボキボキ折れてたけどな…(汗)

(もっと丁寧に作業しましょう…(-"-)
スミマセン…




こんな私ですが、お帰りにポチッとよろしくお願いいたしまする…
人気ブログランキングへ


わがまま言うようですが、こちらも…(泣)
(泣くな!)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by forest-pansy | 2011-09-26 12:03 | 寄せ植え