ポリゴナムが今、サイコー!

これ、ヒメツルソバです。別名ポリゴナム。
e0197881_929215.jpg


どうです?
むっちゃ可愛いやん?

これ、道路の脇の殆ど土がないところに群生していたのだ。
ヒメツルソバは、はびこって雑草化するイメージがあるけど、実は、こんなに可愛いんだね。

こんな可愛いんが、そこらへんにたぁくさん咲いてる…
こぼれ種であっちにも、こっちにも…
そして、宿根草が季節ごとに次々お花をつける…
ナチュラルガーデンやがな!
えーなー。こういうのん…

きっと、マメに手入れをすれば、雑草化ではなく群生という言葉に置き換えられるようになるはず。
手入れ次第で、荒れ地同様の我が庭も、ターシャテューダーのガーデンにもなれるかもやん!
(夢見るのは勝手やからね…)

e0197881_929422.jpg


いやー、理想はなーんもせんでも勝手に綺麗になってくれる庭やなぁ。

でも、それは無理。
人の手が入らない自然は、あまりにもワイルドで、美しい庭からは程遠くなる…きっとね。


さて。
昨日は、わたくし。ゆっこはんが、僭越ながら、井上先生の農園のハンギングバスケットマスターステップアップ講座のゲスト講師をさせて頂くことになり、行って参りました。
まだまだ、充分な腕があるとは言えない自分が何をお話すればいいだろう?と考えて、「コンテストへの思い」のようなものをお話することに…

例えば。

「コンテスト」に出す作品と「園芸」として楽しむ作品は違う。
「コンテスト」の作品は、むしろディスプレーに繋がる要素が大きいと思う。
「いかに美しく見せるか」「いかに感動させられるか」にこだわる必要があるんじゃないか…とか。

そういう私的見解を述べて参りました(汗)

あとは、
今年のバラショーや日比谷での作品制作から出品するまでのウラ話などもね…


最後まで聞いてくださった皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

そして、そんな演説?をしたからには、更に頑張らなきゃいけないんとちゃう?
ということに、今更ながら気付き、超焦っている自分であります…(~_~;)

だけどね。
「いい作品を作り、それを沢山の人に見て貰える幸せ」が作品作りの絶対的なベースやなぁ。やっぱり。
改めて、そう思ったワケで…。
うん。

お客様にコンスタントにいいものが提供できる腕前になれるまで、まだまだ修行は続く…のである。
(ため息…)


励みになります!
ポチっとお願いです!
人気ブログランキングへ

わがままですが、こちらもできれば…
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがと==!
[PR]

by forest-pansy | 2011-11-25 08:19 | 庭仕事  

<< どこまで埋もれるねん!多肉! 玄関前寄せ植え仕立て直し >>